債務整理後にローンを組むことはできる?

債務整理をした人は住宅ローンや自動車ローンを組むことはできるのでしょうか?

一定期間が経過して信用情報機関に登録された事故情報がなくなれば、ローンを組める可能性があります。

この記事では、債務整理で登録された事故情報はいつ消えるのか、新たにローンを組む際の注意点について解説していきます。

債務整理で登録された事故情報はいつ消えるのか

債務整理をしてできた事故情報が信用情報機関に登録される期間は、債務整理の種類や個人信用情報機関によって登録期間が異なります。

基本的には支払いが終了してから最短5年最長10年です。

信用情報機関とは信用情報の管理と提供をしている機関で、会員である金融機関と消費者との間で信用に基づく取引を安全に行えるようにしています。

  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 信販系株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

という3つの機関が日本にはあります。

個人信用情報機関それぞれの事故情報の登録期間は

JICCの場合

  • 個人再生5年
  • 任意整理5年
  • 自己破産5年

CICの場合

  • 自己破産5年
  • 個人再生は登録なし
  • 任意整理は登録なし

KSCの場合

  • 個人再生10年
  • 自己破産10年
  • 任意整理5年

支払い終了後にこの期間を過ぎれば、事故情報が消されてローンを組むことが可能になります。

新たにローンを組む際の注意点

事故情報が登録される期間に関する起点日が、債務整理の種類や信用情報機関によって異なっている為、新たにクレジットカードを申し込む場合は事前に最新の信用情報を確認する必要があります。

自分の信用情報は、信用情報期間に開示請求ができるので、ローンを組みたい場合は先に確認をしておきましょう。

信用情報機関への事故情報登録は一定期間を経過すれば削除されますが、一度債務整理の対象となった金融機関には、その会社独自のデータベースに事故情報が残ってしまいます。

そのため、同じ金融期間で再度ローンの申し込みをするのは難しいです。

他の金融機関を利用すれば、申し込み時点の経済状況に問題がなかった場合に、審査の通過が可能となります。

住宅ローンや車のローンを検討する場合は、債務整理をしなかった金融機関を選びましょう。

債務整理後に事故情報がついたままでは自分名義でローンを組むことが出来ません。

しかし夫や妻、父母、子供などの家族名義でローンを組むことは可能です。

債務整理をして個人信用情報に事故情報が載っても家族の信用情報に影響は及びません。

家族の勤続年数や年収などに問題がなければ家族名義で審査に通すことが可能です。

まとめ

債務整理をすると個人信用情報に事故情報が記録されてしまい、ローン審査に通らなくなってしまいますが、完済後5年〜10年経てば新たにローンを組むことができます。

個人信用情報に事故情報が載っている期間にローンを利用する場合は、家族名義でローンを組みましょう。a

ページ上部へ戻る